作業療法士との違い

似ている職種として、作業療法士がいます。理学療法士と名称も似ていますが、実は活動領域も似ているため、混同されることが多い職業でしょう。リハビリを担当するということでは共通です。

実際に明確に区別していない病院もありますが、理学療法士は身体のリハビリに特化しています。物理療法などでアプローチしていくことに大きな特徴があり、肉体的・身体的な部分でのリハビリが基本です。整形外科でのリハビリは特に大きな仕事であり、スポーツ選手のフォローなどもおこなっていきます。

作業療法士は、心理的な負担を減らすことが大事な仕事です。肉体的負担もありますが、リハビリをおこなっている状態は、必ず精神的にもむしばんで行くことになるでしょう。その心理的な負担を減らすために、さまざまなアプローチを考えていくことになります。違いを比較してみると、はっきりと違うところが見えてくるはずです。

だからといって、片側だけで済む問題ではありません。リハビリをおこなうという目的に変わりはないため、両者の立場を学び、アプローチ方法も検討していくことが必要になるため、混同されることも増えてくることになるでしょう。基礎科目的な部分でも同様のことを学ぶことがほとんどです。