リハビリと理学療法士

交通事故などによって、身体に障害を抱えてしまうことが出てきます。病気でも不自由な思いをしなければいけなくなることもあるでしょう。ケガや病気だけではなく、加齢によっても身体機能に問題が出てきてしまうことがあります。こうした状態は、どこかで改善していかなければ、日常生活を送ることができなくなってしまいます。そこで、運動能力を回復するために援助していくのが理学療法士の大きな役割です。PTと略称で書かれたり呼ばれたりすることがあるのは、その名前の通り、physical therapistの略からきています。

理学療法士の仕事は、現在でも重要な意味がありますが、実際にはなかなか理解されていない部分もあります。人間が人間らしい生活を取り戻す機能回復のサポートといっても、これが専門領域であることを理解してもらうのは、なかなか難しい部分を持っているでしょう。作業療法士と混同されることもありますし、リハビリにそんな資格が必要なのかといわれることもあります。

国家資格として、理学療法士は重要な立場にあるといっていいでしょう。作業療法士や言語聴覚士とともにリハビリをおこなっていく専門家だからです。他の医療チームメンバーとともに連携をしながら、機能の回復を目指していくことになります。病気を治すというだけが医療ではなく、日常生活を取り戻すことの意味を考えると、本当に重要な内容を持っていることがわかるようになるでしょう。その参考にしていただければ幸いです。


▼ 理学療法士になるための参考サイトをご紹介
これからさらに需要が高まるとされる理学療法士ですが、専門知識をしっかりと学べる養成校があります。こちらの養成校は多くの卒業生を輩出しており、理学療法士を目指す方は参考になります >> 理学療法士 養成校